ABOUT US

株式会社カノークス物流についてご紹介します。

OVERVIEW

株式会社カノークス物流は、鉄鋼専門商社であるカノークスの中部地区の物流拠点及び鋼管加工部門として設立しました。自動車や建物などの生活に欠かせない各種鋼材の加工物流センターとして、お客様のニーズに応え続けています。

「ジャスト・イン・タイムに商品をお届けする」をキャッチコピーに掲げるカノークスのサービスを実現するための物流加工センターとして、カノークスグループの品質管理や安定供給を担っています。

VISION

常にお客様から
第一に求められる企業に

MESSAGE

当社は、1968年に株式会社カノークスの中部地区における物流及び鋼管の加工を担当する部門としてスタートしました。その後、1987年6月11日に株式会社カノークスから分離独立し、加納物流センター株式会社(現 株式会社カノークス物流)として発足しました。

空見事業所と豊田事業所の二つの事業所をもち事業展開をしております。空見事業所では各種鋼管の荷役、豊田事業所では各種鋼管の荷役に加え、最新鋭のコラム自動切断・開先設備を導入して加工業務を担っております。さらに、外部環境が大きく変わりゆくなか、持続的な成長を遂げ、お客様のニーズにお応えし続けるために、社員全員が生きがいや働きがいを持てる職場環境を目指し「働き方改革」を推進しています。

あらゆるご要望に応える切断加工、ジャスト・イン・タイムの納品、課題解決に向けての提案を心がけ、株式会社カノークスのグループ会社として全力でお客様をサポートし、「常にお客様から第一に求められる企業」を目指していく所存です。

株式会社カノークス物流 代表取締役社長 佐々木 英忠

株式会社カノークス物流 代表取締役社長 佐々木 英忠

HISTORY

1968年12月
加納鉄鋼株式会社(現:株式会社カノークス)の物流及び鋼管加工部門として豊田市若林東町に豊田事業所を開設
1987年06月
加納鉄鋼株式会社(現:株式会社カノークス)より分離独立し、加納物流センター株式会社を設立
1992年01月
名古屋市港区空見町に空見事業所を開設
2000年05月
ISO14001取得
2018年10月
商号を株式会社カノークス物流に変更

COMPANY DATA

会社名
株式会社カノークス物流
設立
1987年6月11日
資本金
3,000万円
代表者
取締役社長 佐々木 英忠
従業員数
20名(2019年4月1日時点)
事業概要
名古屋の鉄鋼商社株式会社カノークス100%出資子会社で、コラムの切断・開先加工、物流センターの基地として天井クレーンを使用して、鋼管などの荷役作業を行っています。
写真

ACCESS

本社・空見事業所

〒455-0847 愛知県名古屋市港区空見町1-11
TEL:052-398-1758 FAX:052-398-1779

豊田事業所

〒473-0914 愛知県豊田市若林東町竹陽4-1
TEL:0565-53-1395 FAX:0565-52-3221